:: daaaays

好きを更新

ヘタミュまで一週間きってる!!!!

あんスタに今更ながらハマった\(^o^)/

(タイトルと繋がってない)

ソシャゲ含めゲームはできない種類のヲタクとしてこれまで過ごしてきたけど、1ヶ月以上続けられてるからこれはもうハマったでいいんでしょうね。

これ、アイドル好きで元々2次元も好きかつ乙女ゲー通ってこなかったタイプのヲタクなら絵柄の好みが合えばハマると思うんだ…(わたし)。いや、他にもアイドル系のゲームあるのは知ってるには知ってるけど、知ってるに留まってるから、絵柄の好みがドンピだったってことも否めない。いや、他のもやったらハマるのかな・・・!!

 

相変わらず、周りに話せる人いなくって吐き出す場所がなくって、ここに書く。えへ。教えてくれた友だちは唯一いるんだけどね!!もちろんその子に会うときは話す気マンマンだけどさ!!よろしく(勝手に)。

Knights担です。

友だちから教えてもらったとき、推しユニどれってなったらKnightsかな~って言ってた記憶があるんだけど、わたしのファーストインプレッション間違ってなかった!!

てかね、あんスタぐぐったときにファンアートを拝見し、そこでKnightsが「Youたち、何型?」って言ってるイラストに出会ってしまって、だめだこれ、押さえきれないってなって今書いてる。く、くるしいい。好きと好きの融合とか心臓に悪すぎる・・・。勝手に、私のホームの自ユニ好きな人だったら絶対Knightsが好きだと思う~~~って思ってたんだけど、まさかそれをファンアートで発見してしまって、深い意味はないのかもしれないけど、やっぱりそうだよね??!!ってなっちゃって想いが押さえきれず書いています(泣)

ってまだ全然あんスタのストーリーを進められてないから、進められてないからこそ想像で補ってる部分があるから、大いに間違ってる部分もあると思うんだけど。そこは、アイドルだからさ~~余白は想像で補ってしまうものですもん。アイドル本人は唯一ひとりだけど、ファンの数だけそのひとりのアイドルに対するアイドル像はあるものという考えのもと長らくファンをしているので、その考えを続行している。いやしかし、今回のは事実(ゲームのストーリー)があるわけだからこれとは違うか・・・。欲しい情報だけ取り入れて、好きが溢れているので今がいちばん楽しいのかもしれないけど、この熱続く自信は、アル。おたく。

最初、推しを決めるとしたら瀬名くんかなぁくらいだったけど、いつの間にかせないず担だわってなってて、せないず担やってたら、くまくんもなるくんもかさくんも王さまも好きだわってなって…箱推しになったらもう逃れられないやつです…箱推しこわい。

 

いい加減こっち用のついったアカウント作ろうかなあ…抑えきれないこの気持ちを発散する場所がどこかに欲しい…。ホームのアカウントはあるけど、2次元と3次元は分けた方がいいかなあと思って。どれも2.5次元でしょって言われたらagreeなんですけども、限りなく2寄りと限りなく2.5寄りと限りなく3寄りの3パターンが存在しますもんねーー!!!!次元を自由に行き来するおたく楽しいね……

あんステ前回のは静止画でしか拝見してないけど、ディスク発売時のセナくん役の人のお写真と呟きにきゅんとしちゃったから見たらハマる気がする。

 

そんなこんな言ってたら、ヘタミュまでもうすぐですよ!!

今回ちゃんと露出追えてるし、ついったも追いながら幕が上がるのを待ち望めてるのが嬉しい。キャストさんたちのついったさあ〜〜もう愛がひどい(泣)ヘタミュカンパニーの皆さんの温かい雰囲気が呟きからお写真から伝わってきてたまんない。踊りもガツンとって見たからまた楽しみだな〜〜!!

私の初日は11/11なので、ほんとにあとちょっと。ちなみに私のホーム自ユニのエースの誕生日でもある♡生まれてきてくれてありがとう!アイドルを続けてくれてありがとう!重ねた年も全力で応援させてね!!(盛大なフライング)

 

 

以下は下書きに残ってたタイトル「まだまだ絶賛ヘタミュが大好きすぎるよって話」です。(下書きに溜めがち)(書くの遅いから…)

 

何回観ても最後の世界の謎の謎では目が潤むくらい感動しちゃうし、何回でも本当何回でもヘタミュDVDを観れちゃう…いつかソラで言えるんじゃないかって!!

ヘタミュカンパニーの作るヘタリアミュージカルが大好きなんだよお…
今回はちゃんとニュースリリースを追いながら開演日を待ち望んでいるので、公式ツイッターのキャストさんたちの雰囲気に大好きの気持ちしかない…

今まで私は誰かのファンという意味ではアイドルのファンしか経験してこなかったので、俳優さんをここまで好きになるのは初めてなんですね(廣瀬くんのことだよ)。
なんだか自分的にすごく新鮮で。
例えば、アイドルは表舞台に出てる彼全てがアイドルとしての彼でアイデンティティなわけですよ。だからそのアイドルである彼自身に色があって、その人が彩るカラーが大好きだな、元気もらえるな、好きだな〜〜って気持ちが溢れるんです。だから、彼が舞台やドラマで役を演じたとしても、その舞台やドラマに感動して、彼が創り出した生を与えた役柄に心惹かれて、でもそこにはやっぱり彼自身の色がベースにある。彼が演じてるから好きっていう感情は(良いか悪いかは置いといて)どうしても生まれてしまうし、そこが舞台だったら(それが良いか悪いかは置いといて私は)カーテンコールで役から戻ってきた彼に出会うとたまらない気持ちになる。お疲れさまめちゃくちゃよかったよ、あそこがさここがさ、作品の伝えたいところ私はこう感じた、役を通して伝えたいことったこれかな?って思いが溢れる。舞台中はそこにいるのにそこには彼じゃなくて役としての彼がいるから、カーテンコールで役から戻った彼がそこにいたときにすっごく嬉しくなってぶわってなる。
だけど、俳優さんは演じてる役柄が入り口だから。俳優さん自身のイメージが真っ白なんだよなあ。演じてる役が全面的に私のイメージで。ってまだ廣瀬くんのこと知らなすぎるだけなのかな!あれ?新鮮さの理由解決?笑
廣瀬くんの演じるものは観てみたいと思っちゃってるからな〜〜!でもベースがイギリスさんだから一期一振さん観たときは落ち着いてるねえ!って思った。お菓子いじっちゃうところとかちょいちょいかわいいところは一緒だった…すき…。あとはテニミュも拝見したけど、どちらかというと一期一振さん寄りで落ち着いてた。ちょいちょいかわいいのは同じ!
とりあえず今はまずはやっぱり廣瀬くんのイギリスがめちゃくちゃ好きすぎてたまんねんだよってことだよね…。
何が言いたかったのか支離滅裂になった( ^ω^ )

広告を非表示にする